トータルケアで完治を目指そう|心療内科とは心身症の治療を行う場所

笑顔の男性医師

心身症の症状

診察

心療内科とは心身症を取り扱っている科目ですが、この病気がどのような症状を引き起こすのか把握している人は少ないです。特に心療内科は誰にでも起こり得る病気です。このため、心療内科とはどのような所か把握する際は心身症について詳しく知っておくことも大切なのです。心身症は、あらゆる状況や環境により発生するストレスの蓄積で発生してしまう病気の一つです。この病気を発生させてしまうストレスは日常のあらゆるところに潜んでいるといわれています。会社員なら仕事や人間関係によるものや、主婦なら、家事や育児によるもの、学生なら学校での指導や受験に対する不安などからくるもののように多数あります。それらが蓄積されると、人体に大きな問題を発生させることになるのです。ストレスを感じると、まず脳に影響を与えてしまいます。脳にある特定の伝達物質が流れにくくなることで、自立神経の働きが弱まってきます。自立神経は人間の心と身体に大きく関わってくるものです。このため、自立神経の働きが鈍くなってくると体の各所に痛みを発生させることもあります。
その症状の一つとして特に代表的なものが関節リウマチといわれるものです。関節リウマチになってくると、動作にも大きな影響を与えてしまうため気をつけておく必要があります。神経性胃炎などの症状を発生させることもあるため、より注意が必要な病気なのです。

この心身症を抑えるため心療内科に通う人も少なくありません。心療内科とは心身症で発生したあらゆる症状を取り扱っています。心身症とは一つの病名ではなく、精神的な面から発生した身体的なあらゆる異常のことを指します。このため、細かく特定の症状のみが心身症であると決められているわけではありません。不安が溜まり、体に大きな異常が発生した時はすぐに心療内科やそれらの診療科目に対応したクリニックに行くことが大切です。心療内科では、身体的な異常からくる痛みを取り除くだけではなく心の問題も改善してくれます。このため、心療内科とは心に問題を抱える人の強い味方となる科目なのです。